喪中期間中の引っ越しは大丈夫?

引っ越しは祝い事?

喪中といえば、基本的には祝い事を控えます。

 

引っ越しは、祝い事と言えるでしょうか?

 

これは、引っ越しする理由によりますよね。

 

 

一般的な考え方としては、引っ越しは祝い事ではありませんから、気にしないで引っ越しはしても良いとなっています。

喪中に引越しできないと困ること多数!

どうしても引っ越しをする必要な場合って必ずあります。

 

  • 転勤
  • 入学・卒業
  • 退去する日が決まっている

 

まだまだ、他にも理由はあるでしょうが、もともと引っ越しを予定していて、急に親族が亡くなった場合引っ越せなくなるのでは困ってしまいます。

 

特に、2月から3月は人が移動する時期ですよね。

 

そう考えると、引っ越し事態はなにも特別なものじゃないと思えませんか?

 

それに、亡くなった方も自分のことでみんなの足を引っ張りたくないと思っていることでしょう。

日程を変えれるなら四十九日が終わるまで待つ

四十九日が終わるまでは、何かとバタバタすることが多いものです。

 

引っ越しの理由にもよりますが、引っ越しがすでに決まっている場合でも、日程をづらすことが出来るのであれば、落ち着くまで待つのも一つの手です。

 

その節目が、四十九日の法要が終わった時ですね。

 

そのぐらいであれば、周りも落ち着いて、引っ越しの準備でバタバタしても問題無いでしょう。

 

 

慌ただしい中引越し作業も進めるのは、ミスを誘発する可能性があります。

 

引っ越しというのは、荷物を運ぶだけではありません。

 

転居届などの、各種手続きが必要になります。

 

引越し後でも、なんとかなるものも多いですが、今住んでいるところと他の自治体に引っ越す場合は、元住んでいたところの役所・役場に出向く必要があったりします。

 

近場なら良いですが、遠方となると簡単に行けませんよね。

 

そういったことを防ぐためにも、落ち着いて引っ越しの準備ができるようになるまで待つという洗濯も当然あるでしょう。

法事など意外とお金も掛かる

親族が亡くなったのに、お金の話というのもどうかとは思ったのですが、現実に色々費用がかかるものです。

 

香典しかり、遠方であれば交通費などですね。

 

 

引っ越し事態は、どうしてもしなくては行けない事情がある場合もあります。

 

法事の費用は、下げれても限定されるので、引越し費用ぐらいは極力減らしておきたいところです。

 

 

引っ越しの費用は頼む業者や時期によって全然値段が変わってきます。

 

引越業者に引っ越しを頼むのであれば、しっかりとした業者の中から格安で引っ越ししているところを探すのがポイントです。

 

今は、引越業者に依頼する前に複数の業者から見積りをもらうのは一般的です。

 

しっかりと、業者の比較をして引越し費用を節約してください。